脂漏完治ブログ~完治させた方法の記録~

脂漏性皮膚炎を完治させたブログです。なぜ脂漏性皮膚炎になったのか?どうやって直したか?についてつづっています。

脂漏の肌の生まれ変わりに血液とリンパの改善を!【栄養や酸素を運ぶのは血液やリンパ】

f:id:good41hada:20210604112650p:plain

脂漏と血液、リンパの関係

あなたは脂漏改善のために、血液やリンパを気にしたことはありますか?

 

もし、ないのであれば自分の血液やリンパについて考えることをオススメします。

 

なぜなら血液やリンパは脂漏を改善させるためにとても重要な存在だからです。

 

f:id:good41hada:20210527113405j:plain

私は20代後半で顔全体が脂漏になりました。仕事も生活もままならないほどのレベル。

 

しかし対症療法から根本治療に目を向けることで完治(再発ナシ)させました。

 

この記事では、血液・リンパと脂漏の関係と、血液・リンパの改善方法について書きました。記事を読むことで脂漏における血液とリンパの重要性と改善法がわかります。

 

きれいな肌を作るために必要なのは、

・栄養素や酸素

・不要になった老廃物や二酸化炭素の回収

・悪さをするウイルスや菌の退治

です。

これらのために活やくするのが血液やリンパです。

血液やリンパがスムーズに流れることでお肌の生まれ変わりもスムーズになるのです。

f:id:good41hada:20210602093118j:plain

 

血液とリンパの改善方法

血液とリンパの重要性

血液やリンパは脂漏を改善させるためにとても重要な存在です。

血液やリンパの状態が悪いとは

・スムーズに流れない

・老廃物や不要物などが多い

ということ。

そのため栄養素や酸素が肌に届かない、汚れたものが届く、老廃物が残ることになります。

f:id:good41hada:20210602111015j:plain

つまり、お肌の生まれ変わりのペースが乱れ、フケや脂がたくさん出たり、菌が増えたりすることに…!

 

f:id:good41hada:20210602093103j:plain

 

血液、リンパの改善方法

①血液、リンパの役割

ここではまず、血液、リンパとは何か、どんな働きをするかについて簡単に説明します。

血液、リンパとは
液体自体⇒血液、リンパ液

流れる道⇒血管、リンパ管

リンパ管の途中にあるフィルターの役割をする場所⇒リンパ節

f:id:good41hada:20210527113405j:plain

リンパ節は有害物質の破壊・中和をするところです。
血管とリンパ管は近くにあります。

 

血管は栄養素や酸素などを細胞にわたし、反対に細胞は二酸化炭素や老廃物を出します

二酸化炭素や老廃物の90%は血管へ、10%はリンパ管へ入ります。

 

リンパ管は血管が回収できない有害細菌やウイルスなど大きなものを運びます。

 

②状態が悪い原因は『力が弱い』『不要物が多い』

状態が悪い=流れが悪く、汚れているということです。

▼血液やリンパがスムーズに流れない原因は、

・液を押し出す力が弱い

・不要物などが多く、流れのじゃまになっている

 

▼汚れている、つまり老廃物や不要物などが多いのは、

・それらを食べ物などから取り込む量が多い

・消化吸収や分解など、処理する力が弱っている

からです。 

 

f:id:good41hada:20210602111015j:plain

血液がサラサラになるサプリを飲んだり、水分を多くしたりしても、体内環境が変わらなければ改善はできません。

 

③血液やリンパの改善の仕方

〇液を押し出す力を強くするには『歩くこと』

〇不要物を減らすには口に入るものに気をつける。

f:id:good41hada:20210602093133j:plain

〇液を押し出す力を強くするには『歩くこと』

血液は心臓から押し出されるときは心臓のポンプの力で流れます。

戻るときのポンプはありませんが、ふくらはぎの筋肉が収縮することで血液を心臓へ押し戻しています。

 

リンパ液はリンパ管自らが収縮してゆるやかに流れていますが、血液と同じくリンパ液もふくらはぎや足の裏の筋肉の収縮で流れが促進されます。

 

つまり流れを良くするためにはふくらはぎや足の裏の筋肉を使えばいいのです。

手っ取り早く簡単に取り組めることは

『歩く』こと。

f:id:good41hada:20210527113405j:plain

歩いてふくらはぎの筋肉をたくさん使いましょう。

 

他には、

・冷えを改善する

・温める

・しめ付ける服を着ない

・深い呼吸

・姿勢改善

などがあります。

これらは液の流れを良くする、またはじゃましないためです。

※姿勢改善では、

・足を組む

・食べ物を片側で噛む

・スマホなど見るとき首を下げる

などしないようにすることです。

 

〇不要物を減らすには口に入るものに気をつける。

口に入るものとは、食べ物、飲み物、薬などがあります。

それらが汚れていたり、内臓で処理できなければ血液やリンパ液を汚すことになります。

具体的には、

・添加物

・人工甘味料

・農薬

・化学肥料

・精白されたもの(白砂糖、精製塩、小麦、白米)

・薬

などがあります。

f:id:good41hada:20210527113143j:plain

脂漏性湿疹がある方で、飲み薬を飲んでいる方がいるかもしれませんが、薬を使用するときはデメリットを理解したうえで使うようにしましょう。

 

石油から作られた薬は、油性で肝臓に残りやすく、尿として出にくいものです。

また血液に乗って、体表近くの毛細血管やリンパ管から細胞にたどり着きます。

そして栄養や二酸化炭素の交換のじゃまになります。

脂漏のお肌なら、体に不自然なものはできるだけ取り入れない方がいいです。

しかし現代では完全に無添加やオーガニックだけにすることは難しくあります。

なので少しずつ取り入れていきましょう

f:id:good41hada:20210527113405j:plain

これまではコンビニ弁当だったけど、手作り弁当にするというだけでもぜんぜん違いますよ。

 

不要物を取り入れないことは、内臓の負担が減ることにもつながります。

また、内臓の負担が減ると、少しくらいの不要物はじゅうぶん処理できるようになります。

 

現代のスーパーやコンビニ、飲食店は添加物が多すぎるため、自炊していない人には少しツライかもしれません。

しかし脂漏を早く改善したいのであれば食事の改善はがんばりましょう。

 

まとめ

脂漏における血液、リンパのまとめ

・食べ物や運動などで血液やリンパが改善されると、栄養、酸素、老廃物のめぐりが良くなり、お肌の生まれ変わりがスムーズになる

 ・運動対策は『歩く』こと

・歩くことでリンパや血液は足の筋肉が流れの促進をしてくれる

・食べ物に関しては、

 添加物、人工甘味料、農薬、化学肥料、精白されたもの(白砂糖、精製塩、小麦、白米)、薬

は血液やリンパを汚したり、流れをとどこおらせたりする

 

ご相談など

ご相談などはこちらからどうぞ。

https://www.41hada.com/otoiawase

 

参考文献

皮膚の医学 肌荒れからアトピー性皮膚炎まで【電子書籍】[ 田上八朗 ]

不調が治って気持ちいい!10秒リンパストレッチ [ 加藤雅俊 ]

ぜんぶわかる心臓・血管の事典 [ 古川 哲史 ]

リンパマッサージで筋肉をほぐす最強メソッド 腰痛、肩こり、不眠、頭痛は自宅で治せる [ 紺野義雄 ]

あなたのリンパはなぜ流れないのか?【電子書籍】[ 加藤征治 ]

脳脊髄液・リンパ液・血液を流せばみるみる元気になる! [ 片平 悦子 ]

血管の専門医が教える『血流』をよくする最高の習慣 [ 梅津 拓史 ]

図解「血管を鍛える」と超健康になる! 血液の流れがよくなり細胞まで元気 (単行本) [ 池谷 敏郎 ]